地元史の調査

IMG_1355_1500.JPG


IMG_1357_1500.JPG


70代でのテーマの一つが「横浜を知る」である。地元でありながら、あまり解っていない横浜の探訪を始めて9年弱になる。横浜市の自然・歴史・文化は、神奈川検定よこはまライセンスの教材や現地探訪などで概略勉強したが、現住している青葉区の詳細を知りたいと、青葉区の教材を探したところ、「横浜 緑区史 通史編」が参考書として適していることを発見した。
青葉区は、1994年11月6日、港北区と緑区を再編し、都筑区と共に新設された区であり、歴史書としては平成5年(1993年)に発刊された緑区史が適書で、横浜市立図書館から貸し出した。

目次
第一編 原始・古代
第二編 中世
第三編 近世
第四編 近代
第五編 現代
第六編 民俗

第一編は、今から約二〇〇万年前から一万六五〇〇年前の旧石器時代(先土器時代)で、「狩猟生活のはじまり」の「多摩丘陵と下末吉台地」から始まっている。

私の勉強方法は、文書だけでなく、歩いて学ぶ主義で通してきたが、コロナ禍で出歩く機会が少ない昨今なので、「緑区史」は歴史を知る適書であるだけでなく、重厚な本書を読むのは、時間つぶしにも良い。

区史編集に携われた方々に深謝。

2021年9月




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント