テーマ:自然・環境

Naumann elephant fossil ナウマンゾウの化石

横浜市域に分布する地層から産出した化石ゾウは、ナウマンゾウ、トウヨウゾウとアキバノゾウの3種。 横浜市域で最初に発見され報告された化石ゾウは、鶴見川河口から産出した臼歯化石で、1934年にヨコハマゾウと名付けたが、1967年には近接の鶴見区梶山でナウマンゾウの臼歯がが産出。この化石によってヨコハマゾウはナウマンゾウに対応することで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kanto Loam 関東ローム層

横浜市域で広い地域を閉める多摩丘陵と下末吉台地には、 赤土と呼ばれる関東ローム層が厚く積もっている。 上から立川ローム、武蔵野ローム、下末吉ローム、下末吉層 2020年1月9日 横浜市都筑区新羽町大竹
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more