都筑あじさい名所巡り

横浜のあじさい名所巡りで、ハマラブ探検隊の『都筑あじさい名所巡り』に参加し、都筑区のあじさい名所の大熊川あじさい緑道、正覚寺や茅ヶ崎城址などを巡った。 2021年5月29日 仲町台駅前で出発前のオリエンテーション 出発。陽光歩道橋を渡る 折本農業専用地区の農道 源東院…
コメント:0

続きを読むread more

横浜の城郭 関連図書貸出

横浜市図書館へ予約していた横浜の城郭関連図書が届いたとのメール連絡があり緑区図書館で貸出した。 ・神奈川の城 上巻 朝日新聞横浜支局/編 西ケ谷恭弘/文 ・神奈川の城 下巻 朝日新聞横浜支局/編 西ケ谷恭弘/文 ・神奈川の城館跡 平成17年度考古学講座 神奈川県考古学会講座担当/編 ・横浜の城 36城跡 加藤稔弘/写…
コメント:0

続きを読むread more

市民の森巡り 三保市民の森

市民の森巡りで三保市民の森を訪れ、森の中央を貫く起伏に富んだプロムナードを北口から南口までトレッキングした。今回は二度目。 最寄バス停 北側入口:霧が丘高校前、南側入口:三保町 三保市民の森は、スギやヒノキ、シラカシが多く占める森です。この森の林床では、市民の森愛護会の日頃の手入れにより、市内でも有数のシダ群が見られます。日本で…
コメント:0

続きを読むread more

橋の下

メモリアル鶴見川ウォークの途中、橋の下で写真を撮っている人に出会った。 カメラの方向を見ると、燕の巣があった。 2021年5月25日 横浜市 関連 メモリアル鶴見川ウォーク https://masajihamabra4.at.webry.info/202105/article_62.html …
コメント:0

続きを読むread more

白い杖の人

メモリアル鶴見川ウォークの途中で白い杖を持った盲目の人に出会った。 ときどきバスで会ったことがある。 すれ違いに話しかけると、「毎日ここを歩いています。」 2021年5月25日 横浜市 関連 メモリアル鶴見川ウォーク https://masajihamabra4.at.webry.info/2021…
コメント:0

続きを読むread more

メモリアル鶴見川ウォーク

沓沢さんの25回忌の5月25日、環状4号の常盤橋から市営地下鉄グリーンラインまで鶴見川沿いをメモリアルウォークした。 沓沢さんは、ウォーキング仲間「る会」の生みの親の一人で、当時、いつも私たちと一緒に歩いていた。24年前(1997年)の5月25日、鶴見川ウォークで50kmを歩いたあと、私たちと鶴見駅で別れ、帰宅した玄関で倒…
コメント:0

続きを読むread more

横浜港 飛鳥Ⅱ

次のクルーズ出発の6月13日まで大さん橋に碇泊中の飛鳥Ⅱ(あすかツー)。飛鳥Ⅱは、日本郵船の関係会社、郵船クルーズが所有・運航している外航クルーズ客船。船籍港は横浜港。 2021年5月22日 横浜市中区 …
コメント:0

続きを読むread more

大さん橋(横浜港大さん橋ふ頭)

散策で、横浜公園から日本大通を経由して大さん橋(横浜港大さん橋ふ頭)を訪れた。目的は横浜ベイブリッジ近くの赤灯台白灯台(旧横浜外防波堤北灯台及び南灯台)の撮影。 大さん橋 1894年(明治27年)に完成した鉄桟橋を前身とし、「税関桟橋」「横浜桟橋」「山下町桟橋」等の様々な名称があったが、その後、「大桟橋」に落ち着いた。その他、太…
コメント:0

続きを読むread more

横浜三塔 神奈川県庁前から

神奈川県庁前のビューポイントから眺めた横浜三塔。正面がキングの塔(神奈川県庁本庁舎)、右側がクイーンの塔(横浜税関)、左側(樹木の影)がジャックの塔(横浜市開港記念会館)。 横浜三塔 横浜三塔(よこはまさんとう)は、神奈川県横浜市中区の関内地区にある、塔を持つ3つの建物の愛称である。 キングの塔(神奈川県庁…
コメント:0

続きを読むread more

日本大通

日本大通は横浜公園と象の鼻波止場を結ぶ街路で、イギリス人建築家リチャード・ブラントンの設計により、1870年(明治3年)に日本初の西洋式街路としてほぼ完成した。当時は歩道3メートル・植樹帯9メートルを含む36メートルの幅員を持ち、横浜のメインストリートの役割を果たした。Wikipedia 2021年5月22日 横浜市中区日本大通…
コメント:0

続きを読むread more

横浜公園 ブラントン像

横浜公園の日本大通り側入口にブラントン像が建っている。 ブラントンと横浜 明治元年(1868年)政府の招聘により来日した英国人土木技師R.H.ブラントンは、開国にともない、日本沿岸各地に灯台を建設する一方、8年間にわたり活動の拠点としていた横浜では、日本大通りや横浜公園の設計を行うなど、近代的なまちづくりに大…
コメント:0

続きを読むread more

横浜公園

横浜公園 横浜では山手公園に次いで2番目に古い西洋式公園で、日本人にも開放されていたものとしては日本最古。横浜スタジアムと春のチューリップが有名。面積63,787㎡。開園1876年(明治9年)9月。 横浜公園の歴史1 彼我公園の誕生2 市民が集う公園へ3 関東大震災からの復興4 接収を乗り越えて 関内側入口 …
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の城郭 関連資料

横浜市の城郭関連記事 神奈川県横浜市のお城一覧@城郭放浪記 https://www.hb.pei.jp/shiro/kanagawa/?c=yokohama 神奈川県の城郭分布地図 https://www.hb.pei.jp/shiro/kanagawa/map/ 横浜市内にお城は無いの?@はまれぽ.com http…
コメント:0

続きを読むread more

市営地下鉄からお知らせ 運行ダイヤ改正

横浜市営地下鉄から6月26日(土)運行ダイヤ改正のお知らせがあった。 市営地下鉄からお知らせ 2021年5月20日 令和3年6月26日(土曜日)市営地下鉄の運行ダイヤを改正します 横浜市交通局では、市営地下鉄の運行について、「終電時刻繰り上げによる夜間保守作業時間の確保」や「お客様のご利用動向の変化」に対応すること…
コメント:0

続きを読むread more

モグラ

モグラに遭遇したのでしばらく追跡した 2021年5月18日 横浜市青葉区 烏が何かにちょっかいを出しているので烏を追い払った 何だろうとみるとモグラの子どもだ モグラは巣に戻らず葉っぱの影に隠れたが「頭隠して尻隠さず」 奥に進んで隠れたつもり …
コメント:0

続きを読むread more

カラスビシャク(烏柄杓)

道端に自生するカラスビシャク(烏柄杓)。和名の由来は、仏炎苞とよばれる花の独特の形状が、カラスが使う柄杓に見立てられて名付けられている。地方により、ヒャクショウナカセ(百姓泣かせ:鹿児島県)、カラスノオキュウ(烏のお灸:群馬県)の方言名でも呼ばれている。 2021年5月17日 横浜市青葉区 …
コメント:0

続きを読むread more

鼻欠地蔵

鼻欠地蔵は六浦道沿いに造られた磨崖仏で『江戸名所図会』にも挿絵がある。現在は風化して輪郭を見ることができる。 鼻欠地蔵(はなかけじぞう)  崖に彫り込まれた像の高さが4m余りのお地蔵様の磨崖仏で、風化して鼻が欠け落ちているため、このように呼ばれました。いつごろ、だれが彫ったかはわかりません。  江戸…
コメント:0

続きを読むread more