a stone pagoda of The KaikoGoryo 蚕御霊神塔を再訪 <横浜市泉区>


慶応二年(一八六六年)に、村民が蚕を慰霊した、蚕御霊神塔を再訪した。



横浜市地域有形民俗文化財
 蚕御霊神塔(かいこごりょうしんとう)

 現在、泉区和泉町三六九六番地に所在する本塔は、明治一一年(一八七八年)に造立された角柱塔で、その規格は、高さ七〇・五センチメートル、幅三三センチメール、厚さ三一センチメートルを計ります。
 塔の背面には、慶応二年(一八六六年)三月に、霜害のため桑が枯れてしまい蚕を育てることができなくなり、蚕を地中に埋めてしまったことが記されているとともに、台石には、六十余名の連名がみられることから、一村あげて、その時の蚕の慰霊を行ったことを知る貴重な資料です。

  平成六年三月
    横浜教育委員会




2018年10月8日
横浜市泉区和泉中央4-5-12(旧和泉町3696)


関連

a stone pagoda of The KaikoGoryoshin 蚕御霊神塔 <横浜市泉区>
https://hamabra2.at.webry.info/201409/article_23.html









画像



画像



画像



画像



画像



"a stone pagoda of The KaikoGoryo 蚕御霊神塔を再訪 <横浜市泉区>" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント