横浜の坂道探訪 額坂(中区)

横浜の坂道探訪で中区の元町公園に沿って続く坂道「額坂(ひたいざか)」を下った。坂の名の由来には、おでこが付くほど急な坂道ということからの説がある。下るときは「尻すり坂」と呼ぶのも良い。

【横浜の坂道】額坂(中区)

元町公園の西側に沿って続く坂道「額坂(ひたいざか)」。NHK朝の連続テレビ小説「まれ」では主人公の希が通勤する場面でたびたび登場している。
坂の名の由来には、おでこが付くほど急な坂道ということから、また、かつて谷に挟まれて額のように突き出た地形の場所にあった坂道だったからなどの説がある。
坂の脇には現存する貴重な土木遺産の石造側溝「ブラフ溝」も見られ、坂の途中付近では関東学院の源流である「横浜バプテスト神学校」が明治17年(1884)に発祥するなど、歴史を感じさせる坂道でもある。
左へ右へ曲がりながら続く、ところどころ苔の生えた階段の坂道は、元町公園の大きな木々や古い側溝などと相まって味わい深い風情がある。
THE YOKOHAMA TANDARDより
http://theyokohamastandard.jp/article-1555/


2021年9月7日
横浜市中区





IMG_1345_1500.JPG
ブラフ溝付近


IMG_1346_1500.JPG
カラーマンホール


IMG_1350_1500.JPG
関東学院源流


IMG_1351_1500.JPG
「まれ」では主人公の希が通勤する場面でよく登場








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント