横浜の城郭巡り 獅子ヶ谷城跡

横浜の城郭巡りで獅子ヶ谷城跡を訪れた。現在は「獅子ヶ谷市民の森」。
獅子ヶ谷城は、安土桃山時代から江戸時代初頭とされる日本の城(山城)。

獅子ヶ谷城

獅子ヶ谷城(ししがやじょう)は、神奈川県横浜市鶴見区獅子ケ谷3丁目と港北区師岡町の境に所在する安土桃山時代から江戸時代初頭とされる日本の城(山城)。御薗城(みそのじょう)、獅子ヶ谷殿山(ししがやとのやま)ともいう。

概要
鶴見川に面した獅子ヶ谷地区の谷を臨む標高45メートルの「殿山」上に位置する。山頂は東西100メートル×南北60メートル程の平坦地となっており、南西端に土塁と空堀が残るという。現在は「獅子ヶ谷市民の森」となっている。

殿山と山麓の上獅子ヶ谷村は、江戸幕府の旗本・小田切氏の所領であり、1812年(文化9年)完成の『寛政重修諸家譜』によれば、小田切光猶が1597年(慶長2年)から1607年(慶長12年)にかけて居住していたとする。これに対し1830年(文政13年)完成の『新編武蔵風土記稿』では、光猶の息子小田切須猶(美作守)が慶長年間に住んでいたとしている[3]。また『風土記稿』では、小田切氏の江戸移住に際し、屋敷を上獅子ヶ谷村名主の横溝氏に譲ったと伝わる。現在殿山の南東麓には江戸時代末期に建築された横溝家(横浜市指定有形文化財「旧横溝家住宅」)があり[4]、みその公園「横溝屋敷」として公園化されている[5]。横溝屋敷が旧小田切氏屋敷とすると、背後の殿山は詰城と考えられる。

なお、『日本城郭大系』では横溝屋敷背後の山が獅子ヶ谷城となっているが、横浜市の埋蔵文化財包蔵地地図では獅子ヶ谷の谷地を挟んで向かい側の丘陵(こちらも獅子ヶ谷市民の森となっている[2])を獅子ヶ谷城(遺跡番号・鶴見区47)とし、横溝屋敷背後の山は縄文・弥生時代の遺跡(遺跡番号・港北区192)とのみ記載しており、情報に相違がある。


2021年6月15日
横浜市鶴見区獅子ケ谷3丁目・港北区師岡町


三千分一地形図画像(昭和初期)


008_shishigayaSS_1500.jpg

関連

獅子ヶ谷城
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%83%B6%E8%B0%B7%E5%9F%8E

獅子ヶ谷城 非常に歴史が深い横浜の古城
https://sirotabi.com/11223/






IMG_9685_1500.JPG
獅子ヶ谷城と横溝屋敷


IMG_9687_1500.JPG
横溝屋敷


IMG_9689_1500.JPG
獅子ヶ谷城跡へ


IMG_9694_1500.JPG
城跡へ


IMG_9695_1500.JPG
城跡(本丸)


IMG_9696_1500.JPG
城跡(本丸)


IMG_9703_1500.JPG
環状二号方面へ下る


IMG_9707_1500.JPG
下る






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント