カラスビシャク(烏柄杓)

道端に自生するカラスビシャク(烏柄杓)。和名の由来は、仏炎苞とよばれる花の独特の形状が、カラスが使う柄杓に見立てられて名付けられている。地方により、ヒャクショウナカセ(百姓泣かせ:鹿児島県)、カラスノオキュウ(烏のお灸:群馬県)の方言名でも呼ばれている。 2021年5月17日 横浜市青葉区 …
コメント:0

続きを読むread more