六角橋

久しぶりに六角橋へ来た。六角橋商店街は、横浜橋通商店街・洪福寺松原商店街・大口通商店街と並び、戦前から続く市内有数の商店街である。
六角橋の地名は、昔、六叉路があったのかと思っていたが、日本武尊が五位木(ごいぎ)という六角の木の箸で食事をしたことに由来するそうだ。


地名の由来
町内にある宝秀寺の1695年の記録によると、日本武尊が東方へ赴く際に、この地を治めていた豪族、大伴久応(おおとものきゅうおう)という者の庵に泊った。翌朝、日本武尊が五位木(ごいぎ)という六角の木の箸で食事をし、この箸を久応に贈った。久応はこの箸に「天照大神・日本武尊」と書いて日夜拝んでいた。このことから、村名を「六角箸村」とし、後に「六角橋村」と改めたという。
昔、この地に架かっていた橋が六角形の材木で組まれていたので、そこから「六角橋」と名付けられた。という説もある。
六角橋@Wikipediaより



2021年4月19日
横浜市






六角橋通り商店街を通り、白楽へ

IMG_7406_1200.JPG



IMG_7407_1200.JPG



IMG_7416_1200.JPG



IMG_7417_1200.JPG
六角橋ふれあい通りを通る


IMG_7418_1200.JPG



IMG_7419_1200.JPG



IMG_7420_1200.JPG



IMG_7421_1200.JPG



IMG_7422_1200.JPG
六角橋解説


IMG_7423_1200.JPG
六角橋交差点







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント